会員ページ

2021.10.22
令和3年度「全国児童委員・主任児童委員活動研修会」の開催について
2021.08.30
厚生労働省から「令和2年度使用者による障害者虐待の状況等」の取りまとめ結果が公表されました。(2021年8月27日)
2021.08.23
大雨のなかでの民生委員・児童委員活動について
2021.06.25
「民生委員・児童委員の担い手確保に向けた取組に関する実態調査研究報告書」が公開されています。
2021.06.18
令和3年度事業計画及び令和2年度事業報告書を掲載しました。

令和3年度「全国児童委員・主任児童委員活動研修会」の開催について

このページの閲覧権限がありません。会員ログインを行ってください。

令和3年度「児童虐待防止推進月間」の取組について(厚生労働省)

 毎年11月は「児童虐待防止推進月間」と定められ、厚生労働省が中心となって児童虐待防止のための広報・啓発活動が集中的に実施されます。令和3年度の主な取組は以下のとおりです。

1 「子どもの虐待防止推進全国フォーラム with ふくおか」の開催(オンライン)

・日時  : 令和3年11月7日(日) 14時 〜 17時
・内容  : 基調講演、パネルディスカッション、トークセッション
(演題、講演者等については、詳細情報をご覧ください。)
・開催方法: オンライン開催
・閲覧方法: YouTubeライブ配信
URL: https://www.mhlw.go.jp/189-ichihayaku/ (10月25日公開)
URL: https://www.mhlw.go.jp/no-taibatsu/ (10月25日公開)

2 「児童虐待防止推進月間」の標語
【令和3年度最優秀作品】

 189(いちはやく)「だれか」じゃなくて「あなた」から

3 東京スカイツリーオレンジライティングの実施
 東京スカイツリーが子どもの明るい未来のイメージカラー、オレンジ色にライトアップされる。

・実施期日:令和3年11月6日(土) 17時30分 〜 22時(予定)

4 ポスターの作成・配布
・ポスター「たたかれていい子どもなんて、いないんだよ。」

・リーフレット「あなたの電話が親子を守る」

・パンフレット「体罰等のない子育てを広げるために、あたなの力を貸してください。」

Continue reading “令和3年度「児童虐待防止推進月間」の取組について(厚生労働省)”

「岡山県秋のリバウンド防止期間」(令和3年10月1日~10月31日)がはじまります。(2021年9月29日)

9月30日をもって新型コロナウィルス感染症まん延防止等重点措置の適用終了が決定されましたが、岡山県は、引き続き県民に感染の再拡大防止の協力を要請するとして、10月一杯を「岡山県秋のリバウンド防止期間」とすると発表しました。

1 期間

 令和3年10月1日(金)~ 10月31日(日)

2 対象区域

 岡山県全域

3 県民への要請の内容

○  3つの「岡山ルール」及び「マスクコード」を遵守すること。
○ 外出をする場合は、混雑している場所や時間を避けて行動すること。
○ 岡山県飲食店感染防止第三者認証事業*の認証店など、感染対策が徹底されている飲食店等を利用すること。
○ 屋外でのバーベキュー等を含め、会食は大人数を避けて、2時間程度とし、マスク快食とすること。
○ 路上、公園等における集団での飲酒、地域で集まって行う飲食やカラオケなど、感染リスクが高い行動は行わないこと。
○ 少しでも症状がある場合、発熱がなくても、かかりつけ医等を受診し、通勤、通学、外出等をやめること。
○ 「新しい生活様式」の実践を徹底すること。
○ ワクチンには感染症の発症や重症化を防ぐ高い有効性が認められているため、ワクチン接種が望まれること。(「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」等のワクチン接種についての説明を参照の上)

秋のリバウンド防止週間 3つの「岡山ルール」

引き続き密回避を
他の都道府県との不要不急の往来は避け、やむをえず往来する場合も慎重に検討し、前後週間は体調管理に気をつけて
ワクチン接種後も枚のマスクがあなたとあなたの大切な人を守る
みんなで守って感染リスクを0に近づけよう!

マスクコード

 話すときは「マスク快話」
 休憩時間などはつい気がゆるみがちなので特に注意を

 食事の際は「マスク快食」
 野外での飲食も含め、マスクをはずすのは飲食中だけに

 おうちでマスク
 県外と往来した家族がいる場合は2週間はマスクを

マスクは正しく着用
マスクを顔にすき間なくフィットさせ、しっかり着用を

*岡山県飲食店感染防止第三者認証事業
県内の飲食店又は喫茶店における感染防止対策について、現地調査を行った上で、一定の基準に適合している店を認証する制度。令和3年8月2日から申請受付開始。
ホームページ:https://www.okayama-ninsho.jp/ 認証を受けた店を検索できる。

4 事業者、施設等への要請

○ まん延防止等重点措置の適用が9月30日をもって終了するため、10月1日からは飲食店等に対する営業時間の短縮や酒類の提供制限の要請は撤廃される。又県の公共施設、スポーツ施設の利用制限も解除される。
○「秋のリバウンド防止期間」における要請については、
詳細情報をご覧ください。

詳細情報:岡山県秋のリバウンド防止期間(ホームページ / PDF

ポスター:3つの「岡山ルール」(岡山県秋のリバウンド防止期間)

世界アルツハイマーデー(9月21日(火))の講演会・イベントについて

 「世界アルツハイマーデー」(9月21日)は、認知症への理解をすすめ、本人や家族への施策の充実を目的に1994年に設けられました。9月は「世界アルツハイマー月間」として、世界各国で啓発活動が行われます。「世界アルツハイマーデー」には、世界及び国内の各地でさまざまなイベントが開催されますが、岡山市においても以下のような講演会やイベントが予定されています。

1 講演会「認知症を知ろう」(認知症サポーター養成講座)

日時:令和3年9月21日(火) 午後1時30分〜3時30分
場所:岡山市勤労者福祉センター5階 体育集会室
講師:中島 誠 氏(岡山市認知症疾患医療センター長、岡山赤十字病院精神神経科部長)
定員:100名(事前予約制)

2 パネル展

(1)岡山市市役所市民ホール
日時:令和3年9月21日(火) 午前10時 〜 午後3時
場所:岡山市役所本庁舎1階 市民ホール
内容:認知症及び認知症サポートリーダの活動等に関するパネル展示

(2)中国銀行本店
日時:令和3年9月6日(月)〜 9月16日(木)午後4時
場所:中国銀行本店(岡山市北区丸の内一丁目15-20)
内容:認知症に関するパネル展示、認知症かかりつけ医制度についての動画放映

3 オレンジライトアップ

日時:令和3年9月21日(火) 日没 〜 午後11時
   令和3年9月22日(水) 日没 〜 午後7時
場所:ブランチ岡山北長瀬 屋外グリーンステージ周辺(岡山市北区北長瀬表町二丁目17-80)
内容:屋外グリーンステージ周辺をオレンジ色にライトアップ
認知症パネル展(ブランチ岡山北長瀬2階 岡山市地域ケア総合推進センターにおいて日没から午後7
時まで)

4 市立図書館の情報コーナーにおける関連資料の展示

場所:幸町図書館、西大寺緑花公園緑の図書室、浦安総合公園図書館
日時・内容については、こちらをご覧ください。

詳細情報:令和3年度世界アルツハイマーデー及び月内における岡山市の取り組みについて

詳細情報:世界アルツハイマー月間2021(認知症の人と家族の会)

詳細情報:認知症の人と家族の会岡山県支部

詳細情報:世界アルツハイマーデー及び月間(令和3(2021)年度)(厚生労働省)

令和3年度自殺予防週間が9月10日(金)からはじまります。(厚生労働省 2021年8月27日)

 自殺予防週間は、自殺対策基本法において、自殺予防の啓発活動を広く展開する期間として定められているもので、国、地方自治体、関係団体等においてさまざまな広報活動、相談事業が予定されています。
 令和3年度自殺予防週間の主な取り組みは以下のとおりです。

1 実施期間

 令和3年9月10日(金)〜 9月16日(木)

2 主な実施事項

(1)相談事業の紹介
 
相談事業は、上記以外の期間でも受付をしているところがあります。

こころの健康相談統一ダイヤル

 ・下記の電話番号にかけると、最寄りの自治体の電話相談に接続されます。

  0570-064-566 (おこなおう まもろうよ こころ)

  *岡山市では、時間帯により「岡山市こころの健康センター」(9時〜12時、13時〜16時30分。土日祝日、年末年始を除く。)又は時間外対応団体(月〜金18時30分〜22時30分。受付は22時まで)につながります。

SNS相談事業

 ・5つの団体がSNS相談を受けます。詳細は、厚生労働省特設サイト「まもろうよ こころ」

自治体、関係団体等による相談事業

 ・岡山市自殺対策推進センター岡山市こころの健康センター内)
  受付時間:8時30分〜17時15分(土日祝日、年末年始を除く。)
  住  所:岡山市北区鹿田町一丁目1-1
  電話番号:086-803-1273

(2)啓発活動

広報ポスターの配布・掲出

 ・SNS相談事業、「こころの健康相談統一ダイヤル」「よりそいホットライン」「まもろうよ こころ」「文献情報検索サイト」の周知等

インターネットを活用した広報

 ・YouTubeを活用した動画による広報(「違和感に気づいたら、声をかけてみる。」)、SNSを活用した相談窓口等の周知等。

支援情報検索サイトによる相談会等の広報

 ・支援情報検索サイト( http://shienjoho.go.jp/ )

関係省庁、地方自治体、関係団体等の啓発事業

 ・詳細情報の「令和3年度自殺予防週間の主な取組」「各自治体における令和3年度自殺予防週間の主な取組」をご覧ください。

 

詳細情報:令和3年度自殺予防週間の主な取組(厚生労働省)

詳細情報:各自治体における令和3年度自殺予防週間の主な取組(厚生労働省まとめ Excel形式) *ファイルがダウンロードされます。

詳細情報:令和3年度自殺予防週間広報ポスター(厚生労働省)

参考:令和2年の自殺者数について
 我が国の自殺者数は、平成21年以降減少傾向にありましたが、令和2年は増加に転じ、前年から912人(4.5%)増加。男女別では、男性の自殺者数は女性の約2倍ですが、令和2年度の増加分は全て女性でした。年齢別では、20代の増加が一番多く、404人(19.1%)増加しました。
 児童生徒の自殺も増加しています。令和2年の小中高校生の自殺者数は、499人で前年度から100人(20.0%)増加しました。

参考:令和2年中における自殺の状況(令和3年3月16日)(警察庁)

参考:厚生労働省説明資料(令和3年5月7日 文部科学省児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議)

厚生労働省から「令和2年度使用者による障害者虐待の状況等」の取りまとめ結果が公表されました。(2021年8月27日)

このページの閲覧権限がありません。会員ログインを行ってください。

大雨のなかでの民生委員・児童委員活動について

このページの閲覧権限がありません。会員ログインを行ってください。

「緊急小口資金・総合支援資金(生活費)」「新型コロナウィルス感染症生活困窮者自立支援金」の申請受付期間が延長されました。(厚生労働省 2021年8月18日)

 厚生労働省の「生活を支えるための支援のご案内」のページが更新され、「緊急小口資金・総合支援資金(生活費)」「新型コロナウィルス感染症生活困窮者自立支援金」の申請受付期間が延長されました。

1 緊急小口資金・総合支援資金(生活費)

 新型コロナウィルス感染症の影響による休業や失業等によって生活資金に悩んでいる方々への特例貸付。
 申請受付期間が従来の8月末から11月末までに延長されました。

詳細情報:生活を支えるための支援のご案内 p.6

相談・申し込み先:岡山市社会福祉協議会(070-4442-5980, 070-3996-1950)(9:00 – 17:00 土・日・祝日を除く。)

2 新型コロナウィルス感染症生活困窮者自立支援金

 緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯で、一定の要件を満たす場合に支給する支援金。
 申請受付期間が従来の8月末から11月末までに延長されました。

詳細情報:生活を支えるためのの支援のご案内 p.7

詳細情報:新型コロナウィルス感染症生活困窮者自立支援金について(岡山市ホームページ)

問い合わせ先:岡山市生活困窮者自立支援金コールセンター 086-803-2201(9:00 – 17:00  土・日・祝日を除く。)

「まん延防止等重点措置」(期間:8月20日~9月12日)の適用を受けて岡山県から期間中の感染防止対策が発表されました。(2021年8月18日)

 岡山県は、8月20日~9月12日の期間「まん延防止等重点措置」の適用を受けることになったことから、期間中の感染防止対策を発表しました。対象区域となる岡山市と倉敷市の飲食店等については、時短に加えて、終日酒類の提供を禁止する等の要請が含まれています。又対象区域以外の飲食店等についても時短や酒類の提供の制限等が要請されています。
 「まん延防止等重点措置」の適用にともない「デルタ株特別警戒期間」は、8月19日で終了となります。

1 まん延防止等重点措置の措置区域

 岡山市及び倉敷市

2 要請期間

 令和3年8月20日(金)~9月12日(日)

3 県民への要請の内容

 「デルタ株特別警戒期間」で示された事項に加えて、
20時以降朝5時まで飲食店等にみだりに出入りをしないこと」が要請されています。

4 飲食店等への要請の内容

 詳しくは「詳細情報」をご覧ください。

1)措置区域内(岡山市及び倉敷市)(命令、過料の規定あり。)

 ・営業時間を5時から20時までに短縮する。
 ・酒類の提供を行わない。(利用者による酒類の店内持ち込みを含む。)
 ・カラオケ設備の利用を自粛する。

2)措置区域外(岡山市及び倉敷市を除く県全域)

 ・営業時間を5時から20時までに短縮する。
 ・酒類の提供を11時から19時までとする。
 ・カラオケ設備の利用を自粛する。

5 集客施設等

 ・営業時間を5時から20時までに短縮する。
 ・入場者の整理等(入場者の整理誘導、人数管理・人数制限等)を実施する。

6 県の施設

 県の施設は、県立図書館、県立博物館を除いて休止・休館となる。

詳細情報:岡山県新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置 2021.8.18

 

新型コロナウィルスの新規感染者が急増する中、岡山県は8月4日~31日を「デルタ株特別警戒期間」とすると発表しました。(2021年8月2日)

 新型コロナウィルス緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象地域が拡大され、県内でも感染の急拡大が懸念される中、岡山県は、8月4日から31日を「デルタ株特別警戒期間」として、さらなる感染防止対策を講じると発表しました。
 この「デルタ株特別警戒期間」では、これまでの「デルタ株注意期間」の要請に加えて、岡山市内の飲食店等を対象に時短や酒類提供の制限等が追加されます。

1 期間

 令和3年8月4日(水)~ 8月31日(火)

2 対象区域

 岡山県全域
 (うち重点警戒区域 岡山市)

3 県民への要請の内容(「デルタ株注意期間」再掲)
 ○ 夏を乗り切る! 3つの「岡山ルール」及び「夏のマスクコード」を遵守すること。
 ○ 感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を自粛すること。
 ○ 屋外でのバーベキュー等を含め、会食は大人数を避けて、2時間程度とし、マスク快食とすること。
 ○ 少しでも症状がある場合、発熱がなくても、かかりつけ医等を受診し、通勤、通学、外出等をやめること。
 ○ 「新しい生活様式」の実践を徹底すること。
 ○ 熱中症に注意しながら、エアコン使用中もこまめに換気をすること。
 ○ ワクチンには感染症の発症や重症化を防ぐ高い有効性が認められているため、ワクチンの接種が望まれること。(「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」等のワクチン接種についての説明を参照の上)

 

夏を乗り切る!3つの「岡山ルール」

引き続き密回避を
お盆や長期休暇の帰省、旅行など、感染拡大地域との往来は避け、移動後週間は体調管理に気をつけて
ワクチン接種後も枚のマスクがあなたとあなたの大切な人を守る
           みんなで守って感染リスクを0に近づけよう!

夏のマスクコード 

  話すときは「マスク快話」
  休憩時間はなどはつい気がゆるみがちなので特に注意を

  食事の際は「マスク快食」
  野外での飲食も含め、マスクをはずすのは飲食中だけに

  カラオケするなら「マスクカラオケ」
  マイクなどの消毒も忘れずに

  おうちでマスク
  県外と往来した家族がいる場合は2週間

4 事業者等への要請内容

 岡山市内の飲食店等について、新規に以下の要請が追加されます。
 ○ 営業時間を5時~21
時までに時間短縮すること。
 ○ 酒類の提供を11時~20時までとすること。
 ○ 飲食を主としている店舗のカラオケ利用を自粛すること。

 

詳細情報:「岡山県デルタ株特別警戒期間(新型コロナウィルス感染症)【8月4日~8月31日】」(岡山県ホームページ)

詳細情報:「岡山県デルタ株特別警戒期間 ~夏はリバウンド防止の天王山!勝負の要はみんなの意識から」(PDF)

詳細情報:知事メッセージ(令和3年8月2日)

 

086-803-1218

〒700-8546 岡山県岡山市北区鹿田町1丁目1-1

トップに戻る